« ラストクリスマス | トップページ | 父、帰る »

WEBデザインのカタチ

コミケ67の前日と開催期間中、アニメキャラクターによるコスプレ喫茶店がオープン

男性向けじゃん。ザフト制服のイケメンウェイターとかギャルソンとかいないのかYO!残念。


1クリック4分の1の法則

文章は上手くないので最後まで読む必要はありません。つまり「コンテンツはトップページで見れるようにしろ!」ってことらしいですが。短時間でエロ絵を大量に見せてくれないとヤダ!ってことか?
・・・ちょっとそれはノーサンキューですわね。腐女子としましては。

個人的にはトップページに自作絵置くのも「どうよ」な感覚があります。
しかし、トップに「その作者の方向性を示すモノ」が1つも無いと、初めていらした方が戸惑うかな?と思って、なるべく置くようにしてあるんですね。

大体、トップページからラブラブイラストとか、えっちいSSとか置かれたら、背後が超危険!(笑)
背後へ第1種戦闘配備していても、見に行く恥じらいや楽しみが減っちゃうじゃないですかねー。そういうものじゃないのかなぁ。


「男性向け」のサイトじゃないけど、「男性の作ったサイト」ってトップに全部詰め込んであるから・・・見づらいっていう偏見もちょっとある鴨;
URL紛失してしまいましたが、中文ガンダムSEEDを紹介してるページがあって、キャラや船艦名がすごいことになってるから見たかったんですよね(「ミーティア」=「流星号」、とかそんなネタ)
私の低速回線&G3チャンは15分経ってもJPEG1枚すら読み込んでくれませんでした。苦い思い出。

皆さんにとっての『理想のWEBデザイン』はどんなカタチですか?

|

« ラストクリスマス | トップページ | 父、帰る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。お目汚し失礼致します。

>つまり「コンテンツはトップページで見れるようにしろ!」ってことらしいですが。短時間でエロ絵を大量に見せてくれないとヤダ!ってことか?

少し趣旨と違う気が致しましたので。リンク元でも「サイトにとって、トップページが「重い」「ごちゃつく」というのは、クリック要求以上の欠点」とあります。

流星号ネタはEngels zimmerさんだと思いますが、ここはブロードバンド環境でも大変重いです。
余談ですが私のサイトも過去ログ整理が面倒で、しばしばトップページが重くなっています。近々サイトの運営方法を変えるため何れこれは解消される予定ですが。

問題として言及されているサイトは、入り口ページを置くサイトとメインコンテンツまでにクリックを要するサイトです。
この場合、閲覧者にとって見るべきもの・更新されたものが一目でわかる作りであるか否かという点が大きいのではないでしょうか。
あくまでこのテキストは、「1クリック4分の1法則」が存在するという前提で、そのクリックを減らすため(ストレスを緩和して閲覧者にコンテンツを見せるため)に運営者はどうすべきかというアドバイスに過ぎないと思います。

長文、拙筆で申し訳ありません。

投稿: 桜堂 | 2004.11.18 16:30

こんにちわ。いつも「わらわらばーん」さんを楽しく拝見させております。面白リンクがたくさんあるので、思わずネタにすることが多くてすみません;

>つまり「コンテンツはトップページで見れるようにしろ!」ってことらしいですが。短時間でエロ絵を大量に見せてくれないとヤダ!ってことか?

わざと飛躍したような書き方をしてますが、これは私自身も分かっていてこのように書いたものです。あまり男性閲覧者さんもいないだろうということでこんな表現になってますが;

一般的な腐女子が思い浮かべる(利用してる)ファンサイトでは、ヒット数も10〜300/day程度、常連さんが殆どだし「法則」なんてあまり関係ないのにな〜というのが本来の主旨です。
入口ページもリング&サーチバナー置場としてあるのが普通ですし(ブックマークを強要するのは別として)『メインページ→ジャンル別(テニプリ、ハガレン等)→コンテンツ(SS、イラスト等)→作品』の階層設定が大半ですからね…。この設定を「マンドクセ」と言われた日にはどうしていいものやら(苦笑)

でも更新された箇所を分りやすくするっていうのは参考にしたいですね。これからはNEWからもリンク貼るようにしよう。

大半の情報サイトさんでは毎日、大量のテキストや画像を紹介するので「法則」が必要になってくるんでしょうね。頑張って見やすいサイトがいっぱいできて、女子閲覧者も増えて(笑)アクセスアップ!できたら良いですよね。

投稿: ナナミ | 2004.11.20 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEBデザインのカタチ:

« ラストクリスマス | トップページ | 父、帰る »