« 10ヶ月健診 | トップページ | アニメ雑記 »

闇の守り手(2) - ナイトランナー 感想


闇の守り手(2)-ナイトランナー

魔法王国スカラの首都リーミニーに到着したアレクと瀕死のサージルは、待ちうけていたナイサンダーに連れられ、魔法使いたちが集う“オレースカの館”に向かう。師、ナイサンダーの尽力により危ういところで命を留めたサージルだが、消しきれない呪の残滓は、深くその胸に刻まれたままだった。

やっと助けられたサージルですが、出生のヒミツなんかがあったりしてなじみの街で単独行動をとったりするんですよね。危険もあるからアレクを側に置いておくのは心配(それ以前に美少年を隣りに置いておくのは自分で自分が心配っぽい)
アレクからしてみれば、出会ってすぐの人間を命がけで救ったにも関わらず、遠ざけられて「自分は必要ないのか、邪魔なのか」と不安になってみたり。切ない。
…なんたる王道!今どきこんな王道すれ違い描写を書いてくれる人がいようとは!海外の天然かつ本気パワーを見せつけられました。
そんな二人は端から見ると「恋人同士かと思ってた」などと言われてみたり。着実に外堀を埋められております(笑)
あ、サージルは男でも女でも好きな人(若干、男性の方が本気っぽいです)。国自体も同性同士はアタリマエな考えのようで…そうは言っても、ガチにくっつくことはないでしょうが…。

関連/闇の守り手(1) - ナイトランナー 感想
関連/闇の守り手(3) - ナイトランナー 感想
関連/光の狩り手(1) - ナイトランナー2 感想
関連/光の狩り手(2) - ナイトランナー2 感想
関連/光の狩り手(3) - ナイトランナー2 感想
関連/月の反逆者(ラバス)(1) - ナイトランナー3 感想
関連/月の反逆者(ラバス)(2) - ナイトランナー3 感想
関連/月の反逆者(ラバス)(3) - ナイトランナー3 感想

| |

« 10ヶ月健診 | トップページ | アニメ雑記 »

児童書・小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10ヶ月健診 | トップページ | アニメ雑記 »