« 夏休み | トップページ | NO.6〔ナンバーシックス〕#8 感想 »

最遊記外伝 (4) 感想


最遊記外伝 (4)

ついに天界編完結です。
悟空以外は全員死亡って本編読んでれば最初から分かっていたことなんですけどね。切なさ燃えパワーが炸裂…しているのを本気に入り込んで読むのは恥ずかしいので、隙間からチラ見する感じ(苦笑)

全体に思うのは作者が萌えに対して開き直り以上の、悟りというか解脱をしてるんじゃなかろうか、ということ。
天蓬が息絶えるコマと部屋のカエル置物がつぶれるコマがリンクしたり。悟空と金蝉(漢字が…)の手が繋がっていくコマと、コンソールに血まみれの手が掛かっていくコマが交互に描かれたり。
エヴァの演出で格好いいとか、見てて気持ち良いと思った人なら分かると思うんだけどなぁ、この雰囲気。

最近の漫画でこういうノリってないですからね。たぶん中2病認定されて連載許可すら下りないんじゃないか?
中2病にならずに独自のパワーで存在してくれるっていうのは、やはり作者の解脱のおかげだろうかと思ってみたりする。
でもヲタクなら一度は本気で「すげー、カッコいい!」って惚れてみるのもいいかもしれません(笑)はしか、やっとけ!

|

« 夏休み | トップページ | NO.6〔ナンバーシックス〕#8 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休み | トップページ | NO.6〔ナンバーシックス〕#8 感想 »