« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

エレメントハンター DVD-BOX 発売

エレメントハンター DVD-BOX(5枚組)

7月20日発売予定。
39話、5枚組で15750円。

安価ですし購入したいと思います。これで公式発行物は最後ね。

| | コメント (0)

ガンダムW ENDLESS WALTZ 敗者たちの栄光(1)

病院に行ったりしていてARIA 5月号はまだ読めていません。今月はflowersもゲッサンの付録が付いているらしくチラ見してきたいところなのですが…。


新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ 敗者たちの栄光(1)

漫画としてはあまり面白くない。TVシリーズとその派生作品の美味しいところをダイジェストにしてあるだけです。
時系列もこだわりなく格好よいシーンをちぎってつないで並べてあるだけなので、初見の人にはさっぱりストーリーがわからないと思われます。

絵は上手いです。モビルスーツも格好良い。
デュオが主役(笑)好きな人は買ってもいいかも?(ヒイロが特に序盤はしゃべらないし、モノローグもないキャラだから仕方ないわよねー)

「馬鹿は来る!」
懐かしかったわ。敗者たちの栄光…というより過去の栄光みたいな。

ボイスドラマがオープンしてなくて聞けないっての。アドレスいじくってみたけど入れないでございます(29日夕方)。

| | コメント (0)

おおきく振りかぶって(16)感想


おおきく振りかぶって(16)

同人界隈でマネジ株が下がってると伝え聞いたからどんな萎え展開が来てるのかと思ってたらー。
篠岡可愛いじゃん!いいよいいよ〜いい子じゃないのよ〜。

「普通にしてなきゃ」って所がリアル女子ぽくて良い。
これから阿部がムッキムキになっても、初心を忘れませんように。

| | コメント (0)

全サが届きました

110326wal

Waltzの全員サービス・スクールカレンダーが届きましたv
てっきり壁掛けリング綴じかと思ってました。A4でプラケース入りは豪華!
イラストは、すごかったですね…これなら1000円どころか2000円出しても全然普通だよ…。
桜の木の下には死体…を埋める!温泉の太もも…ウサギヘッドフォン…。『魔王』バージョンの岩西事務所と安藤兄弟も!
見れて本当に幸せです。ありがとうございます。

初詣のウサギ絵馬が龍に直されてましたね。別にウサギのままでよかったのにー。あれは「商売繁盛」にツッコむものなのかな?

| | コメント (0)

ASUKA(アスカ) 2011年 5月号 感想


Asuka (アスカ) 2011年 05月号

試し読みはこちら↓
心霊探偵八雲(2011年3月号分)
今日からマのつく自由業!(2011年4月号分)
サムライドライブ、裏僕等はアスカ公式からどうぞ。

アスカ春フェア開催
複製原画セットが抽選で当たります。「心霊探偵八雲」は入っていません(5月10日締め切り)。

「心霊探偵八雲」関係の感想その他はまとめ記事も作成してますのでご利用ください。
■アスカコミック 漫画版 心霊探偵八雲
■アニメ版 心霊探偵八雲

入荷状況も改善されてきているのでしょうか?一応、発売日の午後には手に入れることができました。
被災地にヲタクな友人がいらっしゃる方は、雑誌を買い置きしてあげるといいのかも。バックナンバーになると手に入れるのが面倒になりますものね。

感想はネタバレ含むので折りたたみます。
----------

続きを読む "ASUKA(アスカ) 2011年 5月号 感想"

| | コメント (0)

炎の蜃気楼〜火輪の王国


火輪の王国〈前編〉 炎の蜃気楼〈15〉

火の国・熊本に異常なサイキック・ポイントが発生し、それを察知した上杉の白衣女が、何者かに討たれた。磁場の中心と見られる古城高校に高耶は生徒、千秋は非常勤講師として潜入する。古城高校は、生徒会長・御廚樹里が生徒を絶対服従させる異常な高校だった。
----------
文章の雰囲気ががらりと変わってきてこの辺から読むのに時間がかかる…完全に萌え<燃え展開にシフト。それでも後編まではまだ小太郎関係で一気読みかなー。切ない。
トドメさしたのは吉川元春だけどあんまり怒りの矛先が向くってわけではない。偶然ぽいからかも?
小太郎がちょっとでも間に合ってたらどうしてたんだろうな〜。この顔で優しく接してるところを一度でいいから見たい。ここから高耶と会話するのは何巻も先なんだもの…。

学園に潜入捜査!はラノベとして外せませんね。千秋先生がいい人過ぎるのよ、もう。直江より千秋の方がいい男じゃんねぇ?(笑)普通「放っておけない」だけでここまでしないっての><

勢力図が難しいシリーズ。
<大友・新上杉>vs<島津・吉川元春・明智光秀・一向宗・武田・北条・ヒムカ教>vs<織田信長・加藤清正>vs<旧上杉・三池>
反織田連盟と言ってもそこまで『連盟』してない。明智光秀や高坂はほとんどフリーランス(笑)清正は織田の武将って訳ではない。

キャラの動きが細かくて大変。

| | コメント (0)

炎の蜃気楼〜わだつみの楊貴妃・黄泉への風穴


わだつみの楊貴妃〈前編〉 炎の蜃気楼シリーズ(10)

直江と綾子は、闇戦国がらみの海難事故の調査のため、神戸に来ていた。毛利の村上水軍が、巨大な怨霊の戦鑑を作りあげようとしているらしい。そんな時直江は、〈力〉が使えなくなっていることに気づいた。
信長を討つため、毛利、一向宗と手を組もうとする小太郎に高耶は激しく抵抗するが、直江を人質に取られ、毛利の本拠地へと連れ去られてしまう。
----------
瀬戸内海に超巨大戦艦を浮かべるのって、ビジュアル的に憧れるものなのかしら。…アニメの戦国BASARAを思い出しながら(笑)
織田の九鬼水軍も毛利の村上水軍もほとんど活躍してなかったんだと意外な発見。吉川vs陶で終わってた。
意外と言えば、千秋が高耶をハグして「おまえまで死ぬな」ってシーンがあって萌えました!どうして見落としていたのか。
千秋×高耶もいいと思う。報われない片思い萌え。

楊貴妃観音の下りはぐっときた(女性の真の美しさは内面から、的な)。いまさら遅いよ!読んだ当時になぜ感動しなかった自分。
広島に行きたいぞ〜、あと萩。


黄泉(よみ)への風穴 後編 炎の蜃気楼〈14〉

萩城の事件から、2度目の冬が訪れた。19歳になった高耶は、直江の『死』を記憶から消し去り、小太郎を直江だと思いこんだまま、怨霊調伏に奔走していた。不審な事件が続発する江の島に向かった高耶は、妙に懐かしさを感じさせる開崎という男に出会うが…。
----------
ここから第2部なんだけど、わだつみを読んだら通してこっちまで読みたくなります。
小太郎が…すごい萌えるんですけど…。どうしてくれよう。ここから「火輪の王国」までの劇的な変化がねー。萌え&燃え展開。
行動がいいか悪いかだけで計られるのは切ないし、しかも望んだものを自覚した時には辿りつけなかったって、本当にもう報われない。

里見や三浦といった『2流3流』の武将が出始めているのは四国編への布石だったのか。

富士宮の浅間神社も舞台になってる。すっかり焼きそばの方が有名になってしまってw

| | コメント (0)

ゴーストハント (3) 乙女ノ祈リ 感想


ゴーストハント3 乙女ノ祈リ

狐狗狸さんによる狐憑き、美術準備室に出る幽霊、部室のポルターガイスト現象、坐ると事故に遭う席。SPRへ立て続けの依頼は、すべて女子高・私立湯浅高校からのものだった。学校へ赴いたナルたちは、超能力を使うという少女に出会う。彼女が放った呪いの言葉とは?ミステリー色濃厚なシリーズ第3作。
----------
「学校の怪談」の調査にミステリー色がかなり足されていました。キャラも大幅追加で、元のストーリーを深めた、というより広げた感じ。
カサイ・パニックの先生たちのつるし上げも理由付けがされてて読み応えありました。恐さは前作のミニーの方が上かも。

「ゴーストハンター」のネーミングにつっこみが入ってた。ネイティブからすると違和感あるのね…海外の日本食レストランの名前が『スキヤキ』みたいなものかしら。
それでも「ハンター」なのは、ナルなりのシャレと皮肉を込めて堂々としてそうです。

関連/ゴーストハント (1)旧校舎怪談 感想
関連/ゴーストハント (2) 人形の檻 感想

| | コメント (0)

炎の蜃気楼〜覇者の魔鏡・みなぎわの反逆者

計画停電?そうだ本を読もう。読み返すだけなら経費ゼロ!


覇者の魔鏡(中編) 炎の蜃気楼(7)

日光東照宮から、何者かに盗まれた秘宝、『恙鏡(つつがきょう)』は、人間の魂を封じこめる魔鏡だった。魂を封じられ、北条氏照の手に落ちた高耶。直江が見たのは、生きる屍と化した高耶の姿だった。
「闇戦国」制覇を目論む北条一族は、景虎の魂を神木に木縛し、霊的な兵器にしようとしているのだ。一方、伊達小次郎に拉致された譲は、森蘭丸の催眠術によって、封印されていた強大な〈力〉を、徐々に発現させようとしていた…。
----------
昨年の総集編で序盤は読んでいたので日光編から。
箱根ー富士山ー日光ー館山を結んだ関東大三角を使った巨大呪法!シリーズでは四国に次いで大きい範囲になる?こういう派手なのはいま読んでも燃えますね〜。

公衆電話の前で電話しようか、どうしようか。迷ってるシチュ(しかも都会の雑踏の中)がキュンとする。受話器を取ってプッシュしかけてやっぱりやめるのも良し。コール3回で切るのも良し。昔なつかしの萌え場面でござります。
まだ携帯がなかった時代が「リアル」だからこそなのかもしれない…。

氏照兄をもっと描写してほしかったかも。北条側から見て三郎はどういう人物だったのかとか。
気に入っていたキャラだろうに、あっさり退場させる勇気がすごい。
箱根に行きたくなって困る。北条は小田原だけど。
芦ノ湖も中禅寺湖も御幸ヶ浜も、水にまつわるロケーションは切ないものばかり。

日光編はアニメで1話、見れてないところがあって心残りです。中古のDVD買おうか…。


みなぎわの反逆者 炎の蜃気楼シリーズ(9)

大阪の製菓会社社長・狭間の前に姿を現すという「お姫様の霊」を探るために、秘書兼ボディ・ガードとして会社勤めを始めた直江。高耶と綾子も、怨将・荒木村重を追って、京都に来ていた。一向宗は荒木一族の怨念を封じ込めた「遺髪曼陀羅」を使って強力な「荒木大砲」を作ろうとしているのだ。ついに村重を見つけ出した高耶たちだが、村重は綾子の二百年前の恋人・慎太郎そっくりだった。
----------
狭間社長をポイントにリーダー論を展開。部下を背負うプレッシャー、一方で背負いきれずにいた荒木村重。トップに立つということとは?

若干ストレートすぎて説教くさすぎるきらいもあるけれど、全体の構成が巧みで1冊のまとまりとしては随一の出来ではないでしょうか。荒木村重がもうちょい有名どことの武将だったら…。

狭間と村重、狭間と景虎、村重と慎太郎、そして直江と高耶…キャラの対比が際立ってます。
綾子ねーさんにも泣けます。邂逅編での豪快な晴家がイメージ強いのに、慎太郎に会った時の弱り具合は本当に疲れていたんだろう。
これのおかげで京都のホテルは大人なイメージだよね(笑)

| | コメント (0)

ゲッサン 2011年 4月号 Waltz ワルツ 感想


ゲッサン 2011年 04月号

入手も遅れました。迷ったけどなるべく通常更新っぽく。

スクールカレンダーは発送遅れるみたいですね。物流が安定するまでのんびり待ちたいと思います。
それより来月号がきちんと発売されるのだろうか…。漫画って電気・紙資源・物流と、豊かなインフラがあってのことなんだと再確認させられました。

どちら様蝉たん。数日前には素行不良少年だったのがブランドコーディネートで現れたら、それは驚きますな。
しかも岩西のことを思い出した時に赤面していて可愛いなぁ。

苺原との再会。先月の首折りはチクタクだったのねー。やっぱりいきなり首を折るなんてできないよね。
しかしどうして依頼のことを知っていたのかしら?

岩西さん復活!つーか帽子卿が意外にまつげビシバシかわい子ちゃん(笑)でびっくりよ。

今月号はどの作品も面白かったです。アンケートで5つ選ぶのに迷ってしまいました。

関連/ゲッサン 2011年 3月号 Waltz ワルツ 感想

続きを読む "ゲッサン 2011年 4月号 Waltz ワルツ 感想"

| | コメント (0)

近況

記事は削除しました。

| | コメント (0)

無事

記事は削除しました。

| | コメント (0)

地震

記事は削除しました。

| | コメント (0)

今日からマのつく自由業! (11) 感想


今日から (マ) のつく自由業! 第11巻

新章カロリア編で表紙デザインも一新!凛々しい陛下で格好良い!
カラー口絵はお正月にツイッターで流れた陛下、こちらはのびのび可愛い感じでまた良いですねv

描き下ろしの「もし草野球の女子マネージャーがトラッキーと六甲おろしを歌ったら」略して『もしトラ』w
そうだよねー、こういうネタは作者が放っておくはずないですものね!しかもマネジ3人がどっかで見たような(笑)
なんだか久しぶりにツボに入って爆笑でした。10周年企画も楽しみにしています。

関連/今日からマのつく自由業!(10) 感想

| | コメント (0)

イチゴ狩り

イチゴ狩り
イチゴ狩り
甘い!

| | コメント (0)

3歳2ヶ月です

3歳2ヶ月になりました。以下折りたたみ。

続きを読む "3歳2ヶ月です"

| | コメント (0)

勇者シリーズ20周年記念企画 More BRAVEST


勇者シリーズ20周年記念企画 More BRAVEST(DVD付)

前回のBRAVESTには入らなかったエクスカイザーとガオガイガーも収録された完全な勇者ベスト!ノンテロップOP・ED映像の特典DVDも付いていて良いお買い物でしたv
ただし、OP&EDの映像は全て前半のものしか入っていません。後半になるとロボが追加されたり謎のキャラが増えたりで(笑)映像も変わっていたんですけどねー。あくまでDVDはオマケってことで(マイトガインのみ、EDは2バージョン入ってます。歌が変わってたから…って、全クールOPもEDも同じって今では考えられませんネ)。
映像もマスターテープの保存状態がそのまま反映されてるような感じ…。Jデッカーが酷いように見えました。

>エクスカイザー
『Go with me エクスカイザー 勇気と友情 力合わせたその時 gather way』
のサビの部分が記憶よりテンポが遅くて柔らかい歌い方だったのに驚き。思い出って恐い。

>ファイバード
火鳥兄ちゃん!松本保典さんですよ!!
むしろそれしか覚えてないよな勢いで(すごい人気あったんだよ〜。2枚目チャラ男キャラは松本さん!なイメージ。しかもギャグもいけてトークが面白くて)。

>ダ・ガーン
歌が好きでした。主人公も少年でヒロインもいるし、お母さんが珍しくワーキングマザーだったんだよね。今考えるとすごく気を配って作っていたんだろうなとか。

>マイトガイン
見直したい〜どっかBSで放映して><
石田敦子さんがキャラデザです。顔がむっちりしていて斜線はいりすぎww(大張フォロワー)な印象でしたが、OP映像見る限り最近でも通用しそうなくらいシャープで綺麗でした。
…斜線さえ消せば。
主人公がバブルな大金持ちとか、毎週キャラの服が違うとか斬新(当時)でした。
これ、全般日活映画のパロなんだよね(タイトルからして)。そういうのを見つけながら見返したい。
イメージアルバムもCDで欲しい。『旋風寺よ永遠なれ』とか良い曲あったと思うんだ。ドラマパートは矢島さんのクレしん声優ネタがあったり、すでにオタク向けギャグが確立されていたなぁそういえば。

>Jデッカー
石田敦子やりすぎw これに尽きる。いや、私も少年は好きだけれども!
これはデッカード他、仲間のロボが良かったよ〜。みんなヒロインといい感じになっちゃって…マクレーンとかシャドウ丸には泣いた。マジ泣き。いまなら擬人化してカプ本出すレベル。

>ゴルドラン
ごめん見てない。

>ダグオン
オグロアキラさんは本当に良い仕事をしてくれました。この辺りはすっかり腐女子になって同人誌も買い漁ったのでかたよった知識になってます…。
子供向けにするためにキャラの線と影を減らしたっていうのは本当だったのかしら?
確かに当時はツヤツヤ色分けで競っていた風なところもあるから「手抜き」な批判もあったのかもね。いま見てみるとシンプルでいい造形だと思うんだけど。
0PEDは後期のも入れてほしかったです。ライが入ってないとか魅力半減!EDのイラストも後半のほうが好きだったのに〜。

>ガオガイガー
ディバイディングドライバーーー!!
ここからCGが本格参入。変わった映像が楽しみでした。檜山さんはとても良い仕事をしていらっしゃいました。
まだまだヲタクとしては経験不足であの造形ネタ(ドライバー!って、本当に工具のドライバーモチーフだったり、トンカチだったりしたでしょ?)にイマイチついていけませんでした。
キャラデザが木村さん(コードギアス)でしたか。キャッチーなキャラ作りと格好良いポージング、レイアウトセンスは健在です。

| | コメント (0)

今月のアマゾン

3月18日
ゴーストハント3 乙女ノ祈リ

23日
おおきく振りかぶって 16巻

26日
ガンダムW ENDLESS WALTZ 敗者たちの栄光

| | コメント (0)

ARIA (アリア) 2011年 4月号 No.6 感想


ARIA (アリア) 2011年 04月号

新刊の発売予定が消えててがっかり。
アニメはBSフジでも放映してくれるみたい。

連載第2回。羅史が紫苑の事務所にやってきて公園&山勢の殺人容疑で強制連行、ネズミが助けに入って汚水に飛び込むところまで。

ポニテのネズミには慣れたかも。カーアクションがメインなのに迫力がどうしても残念…。EVでハイテク護送車が普通の黒塗り車に見える。
羅史が鬼畜眼鏡(笑)火藍も若いー。品のいいオバチャンが希望なんだけど。
ゴミ処理場や西ブロックの背景も、もう少しなんとかならないかなぁとかなんとか。

関連/ARIA (アリア) 2011年 3月号 No.6 感想

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »