« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の記事

ARIA (アリア) 2011年 6月号 No.6 感想


ARIA (アリア) 2011年 06月号

公式でもありましたがアニメのキャストが載ってました。紫苑は梶さん、ネズミは細谷佳正さん。
見慣れないお名前だとググってみましたら、テニミュの方だったんですね…どうりで。
歌唱力込みでの配役なのかしら〜?

コミックス1巻は6月7日発売予定。今月号分まで収録されるよね多分。


連載第4回巻頭カラー。紫苑が目覚めると白髪&模様が浮かび上がっている→火藍からのメモを受け取るまで。
アクション無しでネズミ&紫苑の会話が中心。これまでの事象を整理するための小休止な回でもあります。
が、こういう日常描写は作画さんに合っているのか今までで一番落ち着いて読めました。紫苑もネズミも可愛い。
ネズミの服装もアニメのキャラデザ通りに。このペースだと何巻までコミカライズされるのだろう…。

関連/ARIA (アリア) 2011年 5月号 No.6 感想

| | コメント (0)

今月のアマゾン

5月2日
僕と執事と婿候補
岡野先生の新刊です。

12日
Waltz 4巻
岩蝉鑑賞会。

18日
結界師 34巻
大団円だったそうで。

ゴーストハント4 死霊遊戯

| | コメント (0)

GIANT KILLING (19) 感想


GIANT KILLING(19)

山形戦開始!はやく甲府にも来てください(笑)
サックラーの乙女具合が突出していて何をどうまとめたら!タッツのストーカーしてても許されるレベル。
他チームの監督にもスポット当たったことはあったものの、タッツミーを下に見る人ばっかりで(平泉さんはちと違うか)こういう心酔レベルに尊敬してる人はいないんだよね〜。
そのわりに名前すら覚えてもらってない影の薄さがまた可愛い(笑)
ケン様もきっと、そこがいいとか思っているよ!メガネメガネー。

地方の弱小チームらしく派手な選手がケン様以外いない山形。だからこそサックラーに集中できるしチームの一体感もあるんだろうなぁ。
一体感という点ではETU負けてないか…;

神戸戦も決着。バッキーが挨拶するシーンは良かった。
サポーター2組に与えた影響が、たったひとことなのに大きくてねー。椿からすればそれ以上の応援をもらったんだろうけど。
選手とサポーターのいい関係がギュギュッと詰まった感動シーンでした。

バッキーはその後タッツと二人きりで話してくれたしねぇ!
タツバキタツもいいよね!新旧7番の可愛いもの同士で。

あー、コッシーとも久しぶりに対立してくんないかな!(本音出た)

そういやもうすぐスパコミですね。申し訳ないけどジャイキリは家族で回し読みできるような本は買ってこれないと思いますよ…ごめんなさい。

関連/GIANT KILLING (18) 感想

| | コメント (0)

幻狼神異記 (1) 魔物の棲む少年 感想


幻狼神異記〈1〉魔物の棲む少年

じぶんの中には、得体の知れない魔物のようなものがいる…健(たける)に危機が訪れたとき発動する力。それは凄まじい暴力となってあらわれてくる。やがて、健にひそむ大きな謎をめぐり、闇の勢力が動きだした―
----------
静まれ、俺の右手…!
邪気眼系ファンタジーもテンプレ出尽くしてるから大変だよなーとか思いながら。西洋FTを読んだら和物も欠かさずチェックです。

テンプレといいつつ和物FT古参の横山先生、しっかりと勉強されている感じが随所に出ていて読ませます。
伏線もバリバリ張ってある雰囲気で、冒頭の自衛隊員のシーンがこれからどういう意味を持ってくるのか、すごい気になります。
完全に『続く』で終わっているから読後感がすっきりしないのが難点ですよね〜。主人公が置いてけぼりくって周りで事態が動いているばかりで。
謎のカリスマを持つ敷島一輝も、何者なんだ!健も恭順はしないものの反抗もしないって、行動しなさすぎだろうに。

ひたすらに地味な日常描写をしてるということは、これを覆すことで以降の変化を大きく見せるためだと思いたい。いや、日常に紛れ込むささいな違和感を出したいのか?(犬養正美の一見ふつうっぽい少年のオカルト趣味は後半恐くなってきた)

アオリに『バイオレンス』な文字がありますが、絡んできた不良wをボコボコにする程度なので特に子ども向けで問題はありません。
装丁が爪痕のように1カ所だけ銀の箔押し入っているのが格好良いです。

| | コメント (0)

ユリエルとグレン (1) 闇に噛まれた兄弟 感想


ユリエルとグレン 1闇に噛まれた兄弟

グレンとユリエルの兄弟は、旅の途中、ある村で起きた事件の調査を担うことになる。ヴァンパイアの伝承が残るその村では、4人の少女が謎の死を遂げていた―。
12歳のまま成長を止めてしまった兄、グレン。“無限の血”を持つ弟、ユリエル。ヴァンパイアに襲われた悲運の兄弟の、新たな旅が始まる―。
----------
「夜に彷徨うもの」シリーズの新刊が出ていて、でも少々いまの精神的に読むのは重いかな…とウロウロしていたときにアマゾンさんにおススメられました。確実に中の人がいると思います、アマゾン。

知識を求めて旅する兄弟、都会では蒸気機関車が走りながらもヴァンパイアや狼男の伝承が強く残る田舎、教会やヴァンパイアハンター…『鋼の錬金術師』や『ダレン・シャン』『トリニティブラッド』などのFTエッセンスを上手に頂いた設定で、あらすじ紹介からウキウキします!
しかも!今回の兄弟は「身体は子ども・頭脳は大人」な兄を元に戻そうとする、ひたむきな弟16歳が見所ですv ストーリーは殺人事件が絡んでダークサイドなのにも関わらず、最初から最後までほおが緩みっぱなしで読めました♪

ある夜、兄弟はヴァンパイアに襲われ母親を殺されます。兄のグレンも殺されるところだったのですが、ヴァンパイアの血を飲まされて吸血鬼になってしまいます。
弟のユリエルも血を吸われて、本来なら死ぬところだったのが『無限の血』と呼ばれる特別な血液の持ち主だったために生き残ります。
今作のヴァンパイアは血を吸うと基本的に対象が死んでしまうんですね。
あとは直射日光を浴びられないだけで日中でも活動可能。飲食も可。

何と言ってもユリエル&グレン兄弟のキャラがものすごく良かった!!
好青年なユリエル(金髪〜)はまっすぐでグレンのことしか考えてないし。子どもの真似が出来なくて無口に振る舞うグレンも格好良い+可愛い(笑)内職までしちゃって弟を頼るのに申し訳なさげなのがまた良いのだ。

ヴァンパイア化したグレンは飲食可なもののやはり<本当の食事>は必要なわけで、一般人からいただく訳にはいかないし(死んじゃうからねー)ユリエルから<食事>させてもらうしかないんですよ!
ユリエルからしたら遠慮なんかする必要ないのに、グレンは吸血への葛藤とか弟を犠牲にすることとかに耐えられなくてギリギリまで我慢してしまう。

ベッドに腰かけてくつろげられた16歳の弟の首筋に遠慮がちに口を近づける兄(見た目12歳)…。

ギャフン!

吸血鬼萌えの大事なカードを!そこで!切るか!!!すげえぇぇ!たまらん!!
いやぁ、こいつはすごい。萌えのすべてを解っていらっしゃる。
読みたいものと書きたいものが一致したとき、(兄弟萌え)世界の声が聴こえるんですね。ありがとうございます。

素敵なヴァンパイアハンターも用意されているあたりにコダワリを感じる。
教皇庁の異端審問聖庁に属する神父トリストラム(26歳)は冗談の通じない性格。黒い僧衣に「異端審問」とか、ドキムネする装飾ですわ。
武器は純銀の弾を詰めた銃ですよ!
コンビのヴァンパイアハンター・テレンスは長髪の遊び人風。神父サマとは凸凹コンビ。武器は銀の鞭!も〜〜、本当に解っていらっしゃる!

神父さんが兄弟の叔父さんということで教会からの命令で甥っ子を狩らなければならない叔父、みたいなドロドロの肉親葛藤劇になるかと思っていたら予想に反して仲良しだった…。これはこれでアリだよー。
あ、ファンタジーなのでローマやらヴァチカンやらは出てきません。ソレっぽい感じにはなってるようだけど気にしなくてOK!ラクチン。


設定がすんなり読めるということは新鮮みがあまり感じられないってことでもあったりして。それでも色々つめこみたくなるFTに『吸血鬼&兄弟萌え』に絞ってくる点は思い切りが良くてとても好感度高いです。エンタテイメントはこうあるべき。
文章はひらがなが読みづらかったくらいです。内容が暗いからもっと余韻が残るような書き込みをしてもいいのに。
中二病がなんだ!中二病を中二病たらしめるものは中二への尊敬なのだ!

関連/ユリエルとグレン (2) ウォーベック家の人々 感想
関連/ユリエルとグレン (3) 光と闇の行方 感想

| | コメント (0)

ASUKA(アスカ) 2011年 6月号 感想


Asuka (アスカ) 2011年 06月号

試し読みはこちら↓
心霊探偵八雲(2011年3月号分)
今日からマのつく自由業!(2011年4月号分)
裏僕、サムライドライブ等はアスカ公式からどうぞ。

アスカ春フェア開催
複製原画セットが抽選で当たります。「心霊探偵八雲」は入っていません(5月10日締め切り)。

「心霊探偵八雲」関係の感想その他はまとめ記事も作成してますのでご利用ください。
■アスカコミック 漫画版 心霊探偵八雲
■アニメ版 心霊探偵八雲

感想はネタバレ含むので折りたたみます。
----------

続きを読む "ASUKA(アスカ) 2011年 6月号 感想"

| | コメント (0)

心霊探偵八雲 (7) 魂の行方 感想


心霊探偵八雲 7 魂の行方

晴香が教育実習で出会った少年、真人から届いた一通の手紙。楽しい毎日を送っているはずだったのだが、綴られていたのは「助けてください」という悲痛な想い。その手紙には一枚の写真が同封されていた。晴香から相談を受け、ことの重大性を悟った八雲はすぐに真人の住む長野・戸隠へと向かうことになるのだが ――。
----------
9巻が出る前に全部読んでしまおうと思い立ちました。
新章スタート…というよりは嵐の前の静けさ?七瀬美雪のその後が気になってたから生きてきちんと悪役として出てくれて安心した(笑)
さすがに首持って戸隠まで来るとか、満身創痍でかわいそうになってきます。見返りも何も無いのに。

全体的に推理より、キャラの成長が確認できたのが面白かったです。八雲パパの謎にもだいたい決着。
晴香ちゃんのお父さんは大人げないねw でもやり返したりしないあたりが八雲も丸くなったなぁ、とかねー。

関連/心霊探偵八雲(6) 失意の果てに 感想

長野で鬼無里が題材のラノベと言えば『封殺鬼』。
鬼女紅葉編の四兄弟では千春兄がイチ押しでした。佐穂子のトコに婿入りすればいいのにと今でも思います。
懐かしや。

紅蓮天女―封殺鬼シリーズ〈17〉

| | コメント (0)

アニメ雑記 11/04/21

>青の祓魔師
お金のかかっているアニメはいいね。声優さんも落ち着いて見られます。
しかし兄弟萌えができるかどうかが一番の問題ですよ!(双子なのがさー、ギブミー年の差)ギリギリまで原作読まないで頑張るつもり。
EDはもう少しどうにかして。OPは期待。

>コナン『天空のロストシップ』
キッド様が出てきてくれると華やかで楽しい。しかもコナンと妙に仲良しだったよね!何それ!誰向けサービス!?映画館大画面で見るべきだった。
活躍って面ではもの足りなかったかも。今年はGWに見にいきたい。

| | コメント (0)

2000

2000記事目になりました。。
また、1ヶ月以上前になりますが15万ヒットしてました。ありがとうございます。区切りが付くのは嬉しいです。
携帯アクセスはノーカウントなのが残念です。

今後はもう少しツイッターを上手く使って、日常の内容は減らせるようにしていきたいと思います。

| | コメント (0)

よしとおさま! (4) 感想


よしとおさま! 4

黒彦が登場して鼠皇の組織がちらちらと。
でもやっぱり鷹朗&百舌とツッコミ合いしてるギャグが一番面白いと思うな〜。
通して読むと雑誌の時よりサビ丸がたくましくなってるイメージ(笑)

110415yos
女子バージョンの掛けかえカバーをかけてみました。春な感じで可愛いですv

関連/よしとおさま! (1) 感想
関連/よしとおさま! (2) 感想
関連/よしとおさま! (3) 感想
関連/よしとおさま! (5) 感想
関連/よしとおさま! (6) 感想
関連/よしとおさま! (7) 感想
関連/よしとおさま! (8) ドラマCD付き特別版 感想

| | コメント (0)

アニメ雑記 11/04/18

久しぶりに3カラムのレイアウトにしてみました。

>おかいつ
ボク、牛じゃないよ〜ヒ・ツ・ジ。モ〜
このネタ鉄板なのね(笑)いっそ楽しみになってきました。ラーテルがイマイチ可愛くない。
ららぽ か ららぱ かわからなくなる…。

>C
ノイタミナ。不思議なキャラデザ。ヘタウマ系?
『金は力だ。』な話はありがちっぽいのだけれど、CGが面白いから見てみよう。

>コミドラ「サムライドライブ」
漫画朗読なんてとちょっと馬鹿にしててごめんなさい。意外に面白かったです。声優さんもよかったし(梶裕貴さん&柿原徹也さん)。
これ、試し読みとして動画公開してくれたらいいんじゃないかな。
名前の元ネタが力士名だったのかー。こういう裏話は楽しい。

| | コメント (0)

えれめんトランプ

元素周期表がカードゲームになった! [ えれめんトランプ ]

今度はこれでハンターしようぜ!w

| | コメント (0)

ダウン

昨日38度オーバー。風邪と言うより疲れが出たみたい?
慣れるまでは時間がかかるよね。

| | コメント (0)

ゲッサン 2011年 5月号 Waltz ワルツ 感想


ゲッサン 2011年 05月号

岩西おとうさぁぁん。どこいっちゃったのぉぉぉ。

迷子と蝉を同時に描いて状況の説明をするとは…!さすがめぐたん。どんだけ萌えの引き出しあるの。
いなくなったらダメでしょパパ!

「仕事だ」
「楽しくなくてもしっかり働け」

何のアピールだろ(笑)
蝉たんいよいよプロ宣言。ここから魔王に繋がるんだなぁ。感無量。

シールファイルは申し込みしないかな…。来月付録の描き下ろしアナザーバージョンカバーが楽しみですv

関連/ゲッサン 2011年 4月号 Waltz ワルツ 感想

続きを読む "ゲッサン 2011年 5月号 Waltz ワルツ 感想"

| | コメント (0)

入園式

先週は入園式でした。晴天に桜は満開、最高です。

続きを読む "入園式"

| | コメント (0)

No.6 アニメ公式リニューアル

公式サイトがリニューアルしてました!
アニメ絵も出たしトレーラー来てる!紫苑もネズミも男性声優さんですね〜、紫苑は梶さん?ネズミが意外に低い声です。イブは別枠になるのだろうか(笑

絵が割とリアル寄りでこれはすごく楽しみになりました!カッコいい〜〜盛り上がってきた!!

追記:関連/キャスト発表

| | コメント (0)

今月のアマゾン

ジャイキリのしおりがもらえるモーニングフェアがあるっていうんで対象の店舗を確認しに行きました。
…山梨は書店リストにありませんでした。

12日
よしとおさま!4巻

15日
さよなら絶望先生 25巻

22日
GIANT KILLING 19巻

| | コメント (0)

桜
桜
満開で綺麗でした。

| | コメント (0)

アニメ雑記 11/04/08

山梨では4月からテレ東が映るようになりました。アナログだと入ってたのを、地デジ化すると見れないから文句あったみたい?
一時期のアニメテレ東無双も無くなっちゃって、BSもあるし…でも動物系番組がやたらあるのはありがたいです。

>銀河美少年
なんだかよくわからないが作画と勢いだけはすごかった。

>ジャイキリ
続き…続きを!川崎フロンティアとオールスターとモンテビアやろうよ!!
ザッキーと世良の声優さん変えて欲しいなぁ。もうちょっとヒーローっぽく(笑)
いま以上にむさ苦しいアフレコ現場にしてどうすんの。

>ヘタリア
時期的にゆる〜く見られるアニメですごく癒しになりました。アメリカ可愛いよアメリカ。

>バクマン。
また半年後!さて、コナンに戻るか。

>さよなら絶望先生
リクエスト再放送。
見てないOADを放映してくれたらいいなと思ってます。

さて、今年のスパコミはどうなるのでしょうね??パンフレットの事前販売はないし、家で書店通販でもした方が節電なのかなとか考えてしまう…。

| | コメント (0)

3歳3ヶ月です

3歳児検診がありました。以下折りたたみ。

続きを読む "3歳3ヶ月です"

| | コメント (0)

まだ風邪

胃腸の風邪を家族全員でローテーションという、残念な結果になってます。
入園式に出られなかったら本当にごめん…

| | コメント (0)

ARIA (アリア) 2011年 5月号 No.6 感想


ARIA (アリア) 2011年 05月号

公式に応援イラストが掲載されてました。白髪の紫苑。
個人的にこういう被災地応援イラストには反対です。あまりいい気はしません。見て喜べるのは私をはじめ被害の少なかった人だ。
この企画で誰が得してるのかって、売名できた出版社と作者だけではないのか?1円たりとも被災地に届かないことに堂々と『応援』とは。
恥ずかしいとしか言いようがない(作者と編集部の心の安寧には役立っているのかもね。応援してるって自己陶酔)。
チャリティー壁紙に文句はないです。

原案のキャラデザが掲載されてた〜(モノクロ)。来月号ではキャスト発表!注目です。
コミックス1巻は6月7日発売、原作9巻は初夏発行予定になっていました。

連載3話、紫苑がネズミの部屋にたどり着いて倒れる→ネズミが手術し終えるところまで。
スラム街はわりとスラムっぽくのかな。もうちょっと、ゴミゴミとした生活感が欲しい。ネズミの部屋もヘンな形のランプとか置いてあるような魔窟(笑)っぽさがあったらよかったなぁ。
全体に綺麗だよね。手術シーンも。

関連/ARIA (アリア) 2011年 4月号 No.6 感想

| | コメント (0)

風邪

具合がかえって悪くなっているようなので今週2回目の病院へ。

ARIAもflowersも見れていません。本屋に行く暇がない。

例の小学館の『2次創作禁止』について書きたかったけど…。
言いたいことをざっくりまとめると「余計なことをしてくれるな」(笑)
ツイッターでゲッサンの編集長が2次は禁止じゃないよ〜って書いてはいますがあくまでいち社員の意見です。発行部数3万部ではドラえもん・ポケモン・コナンを擁する法務部には戦闘力が桁違い過ぎて太刀打ちできないのでは。
サンデーの中堅所(椎名神・ハヤテ)が頑張ってくれて『黙認』という土壌が育ちつつあったのに、公式にフォローされてるアカウントで同人話をしたり、作者に@飛ばしたり「余計なことをしてくれるな」ですよもう(笑)

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »