« アニメ NO.6 #04 「魔と聖」 | トップページ | ASUKA(アスカ) 2011年 9月号 感想 »

GIANT KILLING (20) 感想


GIANT KILLING(20)

20巻!……ステッカー誰これ?
20番にちなんだ可愛いのっていうから期待してたのに…いや、可愛いは可愛いけど…。
腐女子バルサンだったら涙目w ただでさえ直前のモニバレで心が荒んでいるとこに、追い打ちかよ!

コシジノ派の方たちは「元タレントの若い嫁=ジーノ」解釈で、そのポジティブさは見習いたいと…。
しかしコシタツ好きってストイックさとか不幸属性、苦労性気質がツボなんだと思うのね。つーかそこが面白いのよ!半分我慢のギリギリな恋愛で萌えてるとこに「実はリア充」爆弾はかなり泣けます。酷いです。
読み専の意見としては「そんな設定は見なかった」で淡々としててほしいんですが…そう簡単に割り切れませんよねぇ。

あ、何か愚痴になっちゃってる(笑)
ちなみにゴトタツはGMに甘える乙女な監督が、サクセラは大人なエスコートをする堺さんが好きです☆ww


本編は山形戦!っていうかサックラー可愛いよサックラーな巻。
いいよなぁ山形チームの雰囲気。サックラーが苦労してまとめただけのことはある。
選手のチームに対する献身的なプレーや謙虚さが身についてるってことはサックラーの指導力が戦略面だけじゃなく、意識改革までできてるんだからすごい人なんだよね〜。
選手経験がなくて若くてタッツミーが大好きで(笑)スピンオフで山形中心のストーリーを読みたいくらい個性的。

反抗期な小森もいい味出してた。選手経験がないってこういう態度取られることばかりだったんだろうね。疑いたくなる気持ちもわからなくはないから余計に切ないw

チーム作り途中だとタッツミーに見抜かれた山形、分は明らかに悪いけど達海ETUと全力で戦えるのは最高の幸せなんだろうな。羨ましいぞ、サックラー!
眠そう、そして点が入って嬉しそうなタッツがすごい可愛かったですv 10代だったし! そしてなにげに堀田君が素敵でした。

関連/GIANT KILLING (19) 感想

|

« アニメ NO.6 #04 「魔と聖」 | トップページ | ASUKA(アスカ) 2011年 9月号 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメ NO.6 #04 「魔と聖」 | トップページ | ASUKA(アスカ) 2011年 9月号 感想 »