« ARIA (アリア) 2011年 9月号 NO.6 感想 | トップページ | GIANT KILLING (20) 感想 »

アニメ NO.6 #04 「魔と聖」

ストーリー的には中休み。でもイヌカシ、力河とメンバーが増えてネズミの違う面がそれぞれ見ることができた深い回!
対わんこアクションも格好良いv
紫苑も西ブロックでのものを知らないお坊ちゃん具合と、力河へのキレ具合のギャップが引き立っていた。『とにかく変わってる人』を印象づけられたと思う。

イヌカシも狡賢い感じが出ていて可愛いね。囮になるエピソードやってくれたら神だけどなぁ。いまのはしょり具合だと難しいかな…。
力河は原作より怠惰な雰囲気が薄れてる。紫苑の父親か!?なエピも面白かったのにカットだった。

写真でラスボス?登場(展開どうなるかわかんないからね)。市長は出てこないって言うからこっちも出ないかと思ってたー。

関連/アニメ NO.6 #03「生と死と」」

|

« ARIA (アリア) 2011年 9月号 NO.6 感想 | トップページ | GIANT KILLING (20) 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

NO.6 [ナンバーシックス]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ARIA (アリア) 2011年 9月号 NO.6 感想 | トップページ | GIANT KILLING (20) 感想 »