« アニメ雑記 11/08/25 | トップページ | 結界師 (35) »

ASUKA(アスカ) 2011年 10月号 感想


Asuka (アスカ) 2011年 10月号

試し読みはこちら↓
心霊探偵八雲(2011年7月号分)
今日からマのつく自由業!(2011年9月号分)
裏僕、サムライドライブ等はアスカ公式からどうぞ。

「心霊探偵八雲」関係の感想その他はまとめ記事も作成してますのでご利用ください。
■アスカコミック版 心霊探偵八雲
■アニメ版 心霊探偵八雲

感想はネタバレ含むので折りたたみます。
----------

>今日からマのつく自由業!
キーナン…あの矢筒の中に。村田の台詞はあらためて、思わせぶりで面白いなぁ。

>心霊探偵八雲
「闇の先にある光」12話。完結。

110825yak01
炎に包まれるバーに駆けつける晴香ちゃん。
後藤さんは井出内課長を問いつめます。なぜ八木の犯行をもみ消す不正に関わったのか?「妻がガンで多額の治療費が必要だった」…同情できるがやってはいけないことだったと後藤さん。

110825yak02
八雲によって呼び集められていた土方真琴のお父さん…署長さん。今回の一連の事件も『全国の警察官のため』うやむやにしようとしますが、その発言を聞いた後藤さんが殴ってしまいました。
上司を殴って処分されるかとおもいきや…

110825yak03
娘の真琴さんの手によりすべて記事に。警察の不祥事として取り上げられてしまいました。
井出内課長は懲戒免職。署長(父親)は辞任。後藤さんは不祥事を暴いたことで表面上は処分なしですが、立場はあまりよろしくありません。
神山は助かりませんでした。

110825yak04
その後の調査で沢口里佳の遺書は井出内課長の自宅から発見されました。井出内が持っていた遺書の内容を、どうして八雲が知っていたのか?
沢口里佳の日記から見当をつけていったのです。その作業を手伝ったのが晴香ちゃんでした。

110825yak05
沢口里佳が自殺したマンションに再度むかう八雲と晴香ちゃん。ここは文庫の添付ファイル(書き下ろし)エピソードになります。
彼女から父親宛のメッセージを受け取りその場を去るのでした。ここにはもう幽霊はいません。


コミック6巻は10月26日発売予定。
文庫7巻はどうなのかしら、ブログで改稿についてちょろっと触れられてはいたけれど発売時期は書かれてませんよね。
原作の9巻は執筆中みたいですね!今年中に読めるといいな〜と期待して待っています。

関連/ASUKA(アスカ) 2011年 9月号 感想

| |

« アニメ雑記 11/08/25 | トップページ | 結界師 (35) »

今日からマ王!」カテゴリの記事

心霊探偵八雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメ雑記 11/08/25 | トップページ | 結界師 (35) »