« アニメ雑記 12/11/12 | トップページ | 箱根たんでむ 駕籠かきゼンワビ疾駆帖 感想 »

ゲッサン 2012年 12月号 VANILLA FICTION 感想


ゲッサン 2012年 12月号

VANILLA FICTIONの感想は『魔王・Waltz』ではなく通常の『アニメ・コミック』カテゴリーに投稿しています。記事数が膨大なので検索してどうぞ。


第4話。
太宰…ファンタジー路線に入ってきちゃった。でもようやくエリちゃんとスタートっぽいので、今回で序章はおしまいかな?
映画の台詞をそらんじられたりはさすが小説家ですなー佐藤先生。見開きで小説なのもかっこいい〜v
来月はコミックス発売&表紙巻頭カラー!コミックスも青年コミックスサイズでアンケでお願いしといて良かったv

そろそろ萌えキャラ出てきてくれないと本誌追うのはつらいかも。

関連/ゲッサン 2012年 11月号 VANILLA FICTION 感想

|

« アニメ雑記 12/11/12 | トップページ | 箱根たんでむ 駕籠かきゼンワビ疾駆帖 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメ雑記 12/11/12 | トップページ | 箱根たんでむ 駕籠かきゼンワビ疾駆帖 感想 »