« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

今月のアマゾン

もう!3月!!!

3月4日
ハイキュー! 5巻

7日
天山の巫女ソニン 3 朱烏の星

26日
今日からマのつく自由業! 16巻
心霊探偵八雲 9巻

| | コメント (0)

アニメ雑記 13/02/25

ああ…ナイトランナー新作読めてなくて残念;時間的余裕がないのもありますが上下で2千円てw …すぐには無理!

>サイコパス
18話。作画崩壊ってこれかー。
確かにギノっちの顔面がピンチなときもあったけどまぁ、許容範囲じゃないかな。
朱ちゃんが漢になってきた。

>八犬伝
7話。ギャグの入り方が派手な演出しなくて好きなんですよね〜。
サイコパスは作品の情報量が多いし、アンリミはアクションで画面の動きが激しいし。こういう尖った演出しないで平坦なアニメは意外に飽きずにずっと好きなままでいられるので嬉しいです(マ王!、コルダ)。
荘介と信乃がべたべたしてるのが可愛い…(*´∀`*) 癒される〜。

>ファイ・ブレイン
20話「加速する挑戦者」。
ギャカイも好きだけど、あんまりそればっかりプッシュされるとヘコみますね(苦笑)わがままか…わがままだよな!!ああそうだよ!ルクカイが一番幸せだよ!!
23話は「僕のカイトォォ!」待機するもん…トレンドに入るもん…24話はデートだもん……。

カイルクも読むけどやっぱりルークが何にもできない子だとダメなんだよねー、お仕事きちんとできないと。知らないから出来ないのとやろうとしないのは全然違うと思うのよ?
例えば料理にしたって必要ないから出来ないだけで、やらなければパズルができない状況に陥ったら栄養学から完璧にしてくるはず。絶チルの皆本さんのごとく。
っつーかそういうキャラが好きなの!やれば出来る子がいいの!!そういう攻めキャラじゃないと主人公を預けられないの!!
…ルークの世話焼くお兄さん的カイトが萌えなのはちゃんと解ってる。君と握手。

Twitterでは書けないからここで主張しておこうw 別に他カプをdisってるわけではないんだけど、字数限られると誤解されるから困っちゃうわー。あんまりカプにこだわって、特定のカプ以外読めないイタい人にはなりたくないし…

| | コメント (0)

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (コミックス) 感想


バチカン奇跡調査官 黒の学院


関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 1話 感想
関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 2話 感想
関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 3話 感想
関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 4話 感想
関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 サタンの裁き1話 感想
関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 サタンの裁き2話 感想
関連/コミック怪 バチカン奇跡調査官 サタンの裁き3話 感想

ざっと見た感じでは変更されたページなどはありませんでした。誤植は直っています。
ちょこちょこロベ平がボディタッチしているのが嬉しいですっヽ(´▽`)/


なんだかコミックス1冊だけとか書いちゃってすみませんでした。あとがきに「2巻はロベルトが活躍」ってちょろっと書いてありました…。
公式サイトはやる気ないし(京極以外)1000円も出して雑誌買ったら掲載されていないし予告もないしで、てっきり打ち切りかと判断してしまいました(;;;´Д`)
季刊誌なのに単行本作業で休載なんて考えないよー。

と、とりあえず「サタンの裁き」コミカライズが4月から始まると信じて葉書アンケート出そうと思います。地道な作業がメディア展開に繋がると思って…!


関連/バチカン奇跡調査官 (1) 黒の学院 感想
関連/バチカン奇跡調査官 (2) サタンの裁き 感想
関連/バチカン奇跡調査官 (3) 闇の黄金 感想
関連/バチカン奇跡調査官 (4) 千年王国のしらべ 感想
関連/バチカン奇跡調査官 (5) 血と薔薇と十字架 感想
関連/バチカン奇跡調査官 (6) ラプラスの悪魔 感想
関連/バチカン奇跡調査官 (8) 終末の聖母 感想

関連/バチカン奇跡調査官 sarisari書き下ろし(ロベルト編) 感想
関連/バチカン奇跡調査官 sarisari書き下ろし(ローレン編) 感想
関連/バチカン奇跡調査官 sarisari書き下ろし(ローレン編完結)感想
関連/バチカン奇跡調査官 sarisari書き下ろし(サウロ大司教編)感想

| | コメント (0)

ゲッサン 2013年 3月号 VANILLA FICTION 感想


ゲッサン 2013年 03月号

VANILLA FICTIONの感想は『魔王・Waltz』ではなく通常の『アニメ・コミック』カテゴリーに投稿しています。記事数が膨大なので検索してどうぞ。

----------

よしとおさま!のドラマCDはビックリしましたw ゆーきゃんのサビはどうなんだろうと思ったけどサンプル聞いたら楽しみになりましたw 8巻特装版で購入しようと思います。

VANILLA FICTION、イマイチだなぁ。来月は休載かー。

関連/ゲッサン 2013年 2月号 VANILLA FICTION 感想

| | コメント (0)

アニメ雑記 13/02/18

原稿月間につき更新停滞中。

>サイコパス
17話。ノイタミナは脳が好きだね!社会から不適合だと排除された人間が、タワーの最奥で脳に辿り着くパターン。NO,6と同じ?(タワー壊すラスト)
槙島さんのナマ足が気になる。ヘリの演出がよかった!

>アンリミ
6話。ヒノミヤと少佐が敵対して、面白くなってきました〜。過去の超能力部隊編やってくれて嬉しい!

>八犬伝
6話。莉芳さんー!!信乃にお小遣いあげるんだ(笑)しかもたくさん。
荘介とイチャイチャしてるのも嬉しいけどね〜莉芳さんも抱っこすればいいと思うんだ!!遠慮なさらず!
身長差がまたいいよね…胸までしかないの。座るときに膝の上に乗せても良し、逆にひざまずいて目線を下にするのも良い。萌える。
Riou

| | コメント (0)

密話 感想


密話

メアリーに初めてできた友だち、マミヤくん。マミヤくんはとても見た目のいい小学六年生の男の子で、メアリーにいつも“お願い”をする。先生が、生徒が、少しずつ教室からいなくなる中、クラスメイトのカセくんは、マミヤくんを止めようとする。メアリーは“お願い”を叶え続けるのか―。児童文学の新鋭が描く、戦慄の名作。手に汗にじむ展開、慟哭のラスト。

----------

連載時のタイトルは「わたしと友だちになってはいけない」。若干ネタバレ風味になってしまっているので変更されていたのかなと思います。

メアリーは醜い容姿の「何か」。美しいものが大好きで、素敵な女の子になることを夢見ています。
この作品全体の「美しさ」へのコダワリがすごい。

暴走を始めてしまったマミヤくんを止めるためにメアリーは人間の姿を手に入れるけれど、それは『美少女』の姿。
美しくなければ、話を聞いてもらえないのです。最初の舞台に立てないのです。
そしてその美しい姿が醜い肉塊に戻る「恐怖」。その恐怖がマミヤくんの救いになる(かもしれない)、価値がどんどん反転していくラストは『衝撃』でしょう。
こう、胸の中がかき回される感じで、児童文学にはこういうエグい話が欠かせないなと原点に還ることができました。


プリキュアもセーラームーンも美少女です。みんな可愛いです。仮面ライダーも戦隊ヒーローもカッコイイです。
カワイイは正義なのです。
では正義の味方がすべて美しいのなら、美しいものはすべて心が正しいのか。その逆もまた真なのか。

んなことある訳ねぇだろ。

見た目の差別はよくないと言われながら、言われる子供たちは美醜に対して敏感です。クラスでまずモテるのはパッチリ二重でロングヘアの女の子ですし、背の高い男の子です。
標準体重からオーバーしたり坊主頭だったりすると、まずヒエラルキーは最下層からスタートしなければなりません。
しかしそのヒエラルキーも小学校の高学年あたりからいったん弱くなります。最下層が武器を持つからです。スポーツだったり勉強だったり、絵や音楽、コミュニケーション能力の高さ…評価される基準が増えてきて見た目以外の加点が大きくなってくる世代が、今作の小学6年生ズバリだったのかなと。

高校生くらいになると、再び見た目加点が増えますけどねー。ちょっとくらいサボったって悪いことをしてたってすまして通り過ぎる…「カワイイは得」。

マミヤくんは「得」の部分だけを利用して、心の中にマンホールのような暗い穴を開けてしまったのですね。何も育たず腐っていくだけの世界。メアリーはその世界をなるたけ飾る努力をしてきれいな心を手に入れたというのに…。


1時間足らずで読める短編ですが心に残ります。
また、クラスが得体の知れないモノによってだんだんと欠けていくのはちょっとホラーテイストもありますね〜。小野不由美が書いたら1級ホラーになる感じ(魔性の子、屍鬼)。あくまでイタズラの『お願い』だからグロくはありませんが、怖い要素は十分。静かに読みたい一作です。

| | コメント (0)

アニメ雑記 13/02/11

>サイコパス
物理攻撃最強。もう、ドミネーターで殴ればいいんだよ!

>八犬伝
莉芳さんにときめく…。荘介&信乃コンビはニヨニヨしますね!

>アンリミ
ロ…ry。皆本さんは相変わらずの女性顔だなぁ。
痛ケーキ!パティ姉さん大好き(笑)せっかくの日本なんだからイベントも楽しんでね!

>ファイ・ブレイン
「光への反逆」。ギャモンさんー!!!
もー、本当にカッコイイ見せ場でねー。横断歩道で渡ろうとして、立ち止まって点滅して、赤信号のカットが入るとかたまらん演出ですね!(カイトの側には戻らない暗示)
対戦パズルでの盛り上がりもここまでの積み重ねがあったからこそ。
ほんとに後半の畳み掛けはすごいなぁと改めて(笑)


今週の1枚、チョコはルークからでしょー?何やってるんですか。

| | コメント (0)

チョコマフィン。

チョコマフィン。
うーむ、イマイチ。

| | コメント (0)

ニコッとタウン

珍しくステマ記事など書いてみる(笑)

年末あたりから集中的に広告バナーが出てやたら目についた「ニコッとタウン」。どういう協力体制かはよく分かりませんが(調べる気も無い)ニフティとスクウェアエニックスとの合同サービスなので、サービス開始わりと早い時期から登録して使っています。もう3年以上にはなりますね。
当初はココログのアバターとして使われていました。カスタマイズ性が低いため現在はアメーバピグのようなサービスに取って代わられています(笑。こちらは未設定)

3年間、とくに不満なく使ってきたユーザーとして使い心地など書いてみます。気になる方は←のアバターからリンクされていますのでよろしければどうぞ。
ジャンプしたからといって私にアファリエイトなどは一切ありませんw ログインしてからクリックしても私の部屋には来れないしアバターの名前すら分からないので、コンタクトすることはほぼ不可能です(笑)
ブログのソースをよ〜〜く辿ればブログパーツから島番号っぽいのが読み取れるかもしれませんが、そこまでしたって何も得るものはありませんから…。
登録してくれるまでいけば仮想の無料コインがバックされますけど、街で拾えるレベル。そこはどうにかしようよ。

何が気に入っているかといえば庭いじりですね。よくあるやつ。種を蒔いて水と肥料で一定時間後に収穫できて、何らかの特典も得られるという。
Lvが設定されていてつまりはプレイ時間がモノを言いますから早く始めたものが有利です。レベル99がMAXで現在80半ば。ここらまでくると止められずに毎日水やりにログインしてしまいます。

一番の気に入っている点はバナーがほぼ自社広告のみなこと。
どこをクリックしても外部のサイトに飛ばされることはありません。エロゲーかと見まごうようなアニメキャラのバナーなどもありません(笑)広告は別メニューにまとめられています。
この安心感があってゲームコーナーを子供に触らせております。ゲームはパズル風なものが多く、カードゲームはやさしめなCPUとの対戦が出来るものもあります。

ゲームにはないけど、リアルマネーで買えるアバターの洋服などがお約束として存在します。ただしクリックしただけでは勝手に課金されません。必ずカードやWebマネーの認証が必要で、一定額の仮想通貨をあらかじめ購入するシステムなので「来月の請求がすごいことになってびっくり」はないんじゃないのかなぁ。
課金したことないけど。

弱いのはSNSとしての機能につきます。
ユーザーもこの辺のサービスが好きな20代女性は少なくなっています。

積極的に仮想タウンに出て話しかけて、サークルに入ってブログにコメントしてアイテムプレゼントなんかをこなす元気がある10代か。
誰の目も気にすることなくブラウザの庭いじり(他)を黙々と楽しめる20代後半↑か。

自分の部屋の鍵を開けてフルオープンにしていてもほとんど誰も入ってこないですから…。対人関係で面倒くさいことは一度もありませんでした。
3年やってて知り合いゼロなSNSも、それはそれでちょっとすごいかもしれない。
100万人突破って書いてあるけど、実動アカウントはそんなに多くなさそう…;

暗くなってしまいましたが引きこもり風に使っている分には文句はありません。
ステマになってないステマ風文章でした(笑

| | コメント (0)

アニメ雑記 13/02/06

遅くなりましたが、ルクカイアンソロの追加納品しております。最近の展開にハマった!、再放送で再燃した!という方はぜひよろしくお願いします(*´∀`*)
とらのあなさん、K-BOOKSさんで取り扱い中です〜。
インテの新刊も、放置してたのようやく送りました…orz

>八犬伝
現八さん(*´∀`*)

>アンリミ
チルドレン登場ー!アンディいちいちホモくさいのよ!w
EDがカッコイイv

>サイコパス
やっぱりブレードランナーか。1話の背景がそれっぽくて期待通り。

>ファイ・ブレイン
「真実」。カイトも可哀想なんだけど、ルークも可哀想なんだよね…。

| | コメント (0)

5歳1ヶ月です

5歳1ヶ月になりました。以下、折りたたみ。

続きを読む "5歳1ヶ月です"

| | コメント (0)

コミくじ!

コミくじ!
トランプはタッツミー名言集!ヽ(´▽`*)ノ

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »