« アニメ雑記 14/01/06 | トップページ | 銀の匙 Silver Spoon (10) »

華胥の幽夢 - 十二国記 感想


華胥の幽夢 十二国記

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、才国の命運は―「華胥」。雪深い戴国の王・驍宗が、泰麒を旅立たせ、見せた世界は―「冬栄」。そして、景王陽子が楽俊への手紙に認めた希いとは―「書簡」ほか、王の理想を描く全5編。「十二国記」完全版・Episode 7。

----------

「冬栄」が一番好きだった記憶があるんだけど、今回読み返したら「乗月」がすごい泣けた。なんだろう。
あと「華胥」が地味にこわい。

関連/図南の翼 - 十二国記 感想

| |

« アニメ雑記 14/01/06 | トップページ | 銀の匙 Silver Spoon (10) »

児童書・小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメ雑記 14/01/06 | トップページ | 銀の匙 Silver Spoon (10) »