« 陳情令 1話 目覚め 感想 | トップページ | 陳情令 3話 運命の邂逅 感想 »

陳情令 2話 再びの大梵山 感想

ネタバレにご注意ください

-----------

第2話。大梵山で金凌や江澄と再会するところ。原作との違いは大梵山にくるのが初めてでは無いことかな?ドラマは藍湛と旅してるもんね~!

お墓が無事なことで魂を食べる鬼の仕業ではなくもっと上位の存在のせいだとズバッと解決。魏嬰の有能さが際立つ!

お墓も温氏のものになってて良改変。

金凌の叔父さん(金光瑤)と外叔父(江澄)さんが使い分けられててすごい。原語で叔叔、舅舅で違うけど日本語だとどちらも「おじさん」で区別つかなくなっちゃうんですよね。

 

初見で舞天女のCGに文句つけてごめんなさいw すごく頑張ってる。そして怪しい人影が…(こちらも一緒に旅をしていた某。いい伏線の張り方してる!)

温寧のメイクも、あれは無いとか思っててごめんなさいw ちゃんと意識が戻ると黒目メイクがなくなります。

でもって藍湛が魏嬰を捕まえるところ!!

ここ、魏嬰が腕を握り返してくれてて!!!(涙

…1話冒頭で掴まれてた時には握り返すこともなくむしろ「放してくれ」なのに。今度こそ放さない、離さないという決意と、物語の方向性を示す大事なシーンだと思います。

ここから原作では雲深不知処に連れて行かれるのですが、そこは割愛されて(続きは33話!)物語は過去のお話へ。

16年前って出てるけど20年は前よね…お姉ちゃん結婚して子供まで生まれるから…。

 

キャラたくさん出てきてるけど1、2話で覚えるのは藍忘機と魏無羨だけで十分だと思う。

 

藍湛と江澄が対峙してたり同じお茶屋にいるのがすごい笑える(笑)共通の話題ゼロ感。

WOWOWさんだと雲夢の校服の色がとても綺麗に見えて好き。ツヤと深みが素敵な衣装。

202


陳情令 The Untamed  (chinoiserie Music Album)

|

« 陳情令 1話 目覚め 感想 | トップページ | 陳情令 3話 運命の邂逅 感想 »

陳情令」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陳情令 1話 目覚め 感想 | トップページ | 陳情令 3話 運命の邂逅 感想 »