« 2020年3月 | トップページ | 陳情令 #14 暗黒の剣 感想 »

陳情令 #13 二人だけの夜 感想

#13 二人だけの夜

ネタバレにご注意ください

----------

慕渓山の洞窟を見つけて玄武退治!慕渓山っていうんだ…細かい名前をちゃんと認識しよう。
温兆がほんと嫌な奴ー!!みんなで協力して洞窟にこいつだけ閉じ込めとけば良かったのに!
話の都合でドジっ子にさせられている綿綿がちょっとかわいそう。足を踏み外したり、魏嬰に庇われたり、血で玄武に気づかれたり。モブ誰でも言い訳ではないけど公子たちにさせるわけにはいけない流れで損をした役回りに。薬袋も温寧のものになってて…w
綿綿を庇ったりしてしっかり言い返している金子軒。こんなにズバッと言ってたんだと見直しました。魏嬰目線だと師姉にひどいこと言ったヤツって認識のままになってしまう💦

温兆のやり方に我慢ならなくなって口も手も出てしまう魏嬰…正義感あって全くその通りなんだけど、やっぱり子供ならではのストレートさと傲慢さがあるのかなあ。
玄武を目覚めさせてしまって自分たちだけ逃げる温兆ー!ほんと悪党め!!脱出のヒントを見つける藍湛と、手はずを整えてリーダーシップを取る魏嬰のコンビがなかったら全滅してたでしょ!?
江澄たちを先に逃がして助けを呼んでと二人だけで洞窟へ残ることに。

いよいよ運命の夜ですね!!(1週間くらいあります)
藍湛の血を吐かせるためになぜ服を脱ごうとする(笑)しかもズボンwww アンダーの赤いワンピがまた似合ってて、焚き火の灯りだけで見てたらたいそう色っぽかったのではないでしょうか!!💕
よく耐えたな…っていうかこれは恋を自覚せざるを得ない。
雲夢より雲深不知処からの救援の方が早いんじゃないかと呑気に語るのに燃えてしまった、兄も行方不明と語る藍湛。原作だと泣いてるところ。魏嬰以外だったらきっと話さなかったんだろうな。心配で心細くてでもしっかりしないといけなくて、家に戻りたいのに岐山なんかに呼ばれてもどかしくて。きっといっぱいいっぱいだったんだろう。
そんなところに綿綿庇って必要のない火傷までおってしまう魏嬰に「自分が好きなのはお前なのに!」ってきっちり自覚したのだといいなあと妄想しときますw
好き、って自覚しても焦ったりするんじゃなくて納得してたらいいなあ。抹額もスルっと外れてるしね💕

2013_20200413152701


小説 魔道祖師 番外集 <特裝版> 台湾版

 

|

« 2020年3月 | トップページ | 陳情令 #14 暗黒の剣 感想 »

陳情令」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年3月 | トップページ | 陳情令 #14 暗黒の剣 感想 »