ブログの案内

(スマホ表示用の記事になります)

管理人のnanamiです。アーカイブとして残しておきたい記事を投稿しています。現在は陳情令の感想を中心にまとめています。
連絡は下記へお願いします。

Twitter@nana_mura
Pixiv@nana_mura

ブログに載せているイラストはだいたいPixivにまとめてあります。
過去の記事は右上のメニューからカテゴリーを選んでください。「最新の記事」は直近の10記事しか表示されていません。

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 10話 感想

10
魔道祖師 完結編 10話(33話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「恨生」
ほんとここで忘羨の服を真紅にしてるのすごい……映像化ってこういうことだよ!原作を解釈しての超え方が素晴らしすぎて感謝しかないですもう。
婚礼衣装ではなく、あくまで生者の血による陣ですので!
さりげなく魏嬰の肩を抱いて御剣してる藍湛とか見所いっぱいすぎてつらい。なにを見せられているのか。ありがとうございます。

温家の方たちが血の池プールから出てきて助けてくれるのも、原作はホラーみ溢れてますがものすごいヒロイックになってて感動です。思追のこともフォローされてて後が楽しみ!
戦い後、みんなで雲夢に帰ったりしないスピードラーニングアニメなので大好きな金凌ちゃんの号泣シーンもここで。
…すごいわかりやすくなってました。
温氏に助けられたからって父母を殺された恨みをすぐに忘れられるものか、温寧だって夷陵老祖だって……周りの大人が日和ってありがたがっている様子との対比がはっきりしてて、でも前の場面で剣を振るうのに躊躇してたり、自分でも魏嬰を恨んで良いのかわからなくなってるのも伝わってて、ああこれは泣くよ、泣くよなあ。
父親の剣を下さないぞ!ってのも「自分は恨みを忘れないぞ」って方向に振ってて、なるほどアニメはそっちの解釈か〜ふむふむ。

魏嬰ちゃんはその気持ちと許すとか許さないとかは別だからそのままでいいって。
自分は恨まれてもいいって思ってるのかな。いい話だけどちょっと寂しいね。

スピードラーニングなので元遊女の方は魂だけに!問霊で金光善の死の経緯まで。早っ。サクサク行くよ。
スシ追いかけて雲萍市に入る時の音楽がギターでかっこいい〜〜〜

観音堂、聶懐桑は最初から捕まってるし、金凌ちゃんや江澄も一緒に捕まったりもしないし、すごーい!流れは同じなのにどうなるのか展開が読めない!
またここの金光瑤のセリフ回しが憎いですね〜早く石田彰で聞きたすぎる。石田彰しかない。「私に選択肢があったとでも?」あの声で言われたら騙されるわー信じちゃうと思う。
江澄に「もっと兄弟を信じてれば」って言うところの演技も憎すぎる〜〜〜早く吹き替えを!!

棺も下から掘り進めて中身を取ったって解説入ってました。
陰虎符も出てくるしラストまでドキドキです。

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 8話 感想

20210928-120459
魔道祖師 完結編 8話(31話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「命定」
魏嬰を刺してしまった金凌ちゃん……喧嘩はあれど、生身の人に剣を向けるのは初めてよね…「人を刺してしまった」ことの衝撃と、ずっと親の仇で悪人だと思ってた魏無羨がわりといいやつだったことと。消化できずに持ち越し。
今度こそ本当に食欲落ちてそう。
おじさんと同じとこ刺して〜ってのはカットでした。

雲深不知処。夢で不夜天後?に逃げてるところが…
あの時は藍湛の手を拒否ったけど、今回は自ら掴む。やっぱり手のアップ仕草演出は過去と現在の架け橋&気持ちの向く先みたいなのかも。

兄上に清心音の説明して禁書探し。赤鋒尊の体は聶懐桑へ。
藍湛は魏嬰を信じているし、兄上は金光瑤を信じている。ここが誠実でいいなあと思う。ホイホイ弟のこと信じるわけでも絶対違うとも言わないし。
音楽がキーになってるのもまた映像向きで良いのよねー。キャラが楽器得意なのがちゃんと生かされてて最高〜〜

リンドウのお花畑へ。リンドウ畑は2箇所。静室とお母さんのお部屋は別みたい。
藍湛たちの両親のお話、「どうすればよかったのか」に「わかりません」、こちらも誠実でいいなあ。上手く立ち回れたら良かったのだろうけどできない、精一杯考えての行動ではあるのにね。
忘機はずっと頑固でお母さんを待ってた、あなたのこともずっと信じていつもあなたの側に立っているの流れがも〜〜たまらなく切なく上手いのですが、さらにお兄ちゃんまでフォローアップしてくるとは思わなかった!
確かにお兄ちゃんも光瑤のことで悩んでいるんだもんねー弟の心配だけってわけにもいかないです。
忘機は子供の頃に魏嬰と会った、曦臣も若い時に光瑤(孟瑤)と会った。お互いをずっと知ってて信じてる。
流れが!上手い!
しかもお洗濯の小話まで入れてくれるサービス精神が素晴らしい!

お部屋に戻ってから。藍家の祖先は僧侶で面白みのない家風のはずなのに〜子孫たちは一途で情熱的〜〜〜(笑)
寝室にまで雅正集を持ち込んでるのかよ!と思いきや昔、魏嬰が罰として書き写しさせられていたもの…しかも芍薬挟んであるし、間違いも!!💕
間違って書いてたんだから、正しく覚えているはずがない!仕方ない!

藍湛がご飯持ってきてくれてたけどひょっとして手作りだったのでしょうか。アニメだからそれくらい詰め込んできてくれてても良いなと思います。
天子笑、全部君のだってカットの表情がものすごく愛情感じられて好きです!だから魏嬰も藍湛の胸の傷を思い出して藍湛への(そういう意味での)矢印にもなってるのかな?

金光瑤が雲深不知処へ。
藍忘機と魏無羨行方不明なんですけど〜雲深不知処への捜索はさせてませんよ〜?って、遠回しに脅しをかけつつ。
兄上の呼び出しが謎の忍者集団になってます。忘羨は乱葬崗へ。思追と景儀君のアクションかっこよ!くるくる動く!
夷陵老祖の仕業だって信じてるの?思追への伏線も上手。温寧が出てきて次回へ。


魔道祖師 3 (ダリアシリーズユニ)

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 7話 感想

20210921-03847
魔道祖師 完結編 7話(30話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「乱魄」
三尊の近いのシーンから。うわー、伏線バリバリ。手足を引き裂いて、って…

そして窮奇道の後。魏嬰が乱葬崗に行ってしまってから、金鳞台。
連れて帰り、隠します。
でもこのシーンは聶明玦は知らないから、藍湛の回想。手に何か掴む演出は過去と現在の橋渡しっぽい。
あの頃は閉じ込めておく発想しかできなかったのに、成長したよね〜〜相手のことを考えるのが本当にできてて。藍湛の一途さが光るー。

温情と温寧への聶明玦の態度がさあ……正論中の正論すぎて誰も真似できない正論って本当に正しいのかとさえ思うね…。
温若寒を止めなかったんだから同罪って、理由も興味なしなの。
過去の江澄のやり取りもさあ、服の裾整えて座るとか芝居が細かくて、他の仙門からどう見られるかすごい気にしてるんだろうなな感じあってまだ二十歳くらいでしょあれ。ここでの会話があったからこそ乱葬崗で「お前を守れなくなる」につながるのです…。
つらい…つらい
江楓眠パパのことを持ち出す金光善も、ああ、こうやって相手を動かして世間を渡ってきたのかって。

清心音、演歌じゃなかった(笑)
金光瑤と聶明玦を近づけるように曦臣が気を遣ってくれたのに…良かったのか悪かったのか。
清河では懐桑がしごかれてました。も〜〜この辺!陳情令番外の乱魄で解像度を!あげてほしい!!!兄にしごかれていじめられてる描写以外を!
そして薛洋の件で金光瑤と聶明玦、こちらも波風が立ってるのでした。
ここの聶明玦に歯向かう金光瑤のセリフ、早く石田彰で聞きたいー!吹き替え!早く!
私は他の奴らとは違う、って金鳞台から街を見下ろすカット、そして蹴落とされる金光瑤…演出に震える。
名門の家に生まれて霊力も高く刀も扱える、そんな恵まれた人と同じやり方ができるわけはない。どうやってもこの階段を上ることはできないのか。

これだけ喧嘩しておいて清河に行ける神経の太さも強い。
懐桑の書画を燃やすシーン、ドラマでもなかったから見れて嬉しい。辛いけど。どうして燃やすまで辛く当たったのか、細かく説明ないところも好き。ちゃんと見て考えればわかるだろうって信頼がある。

戻ってペーパーマンのピンチ!魏嬰の身体運んだ方が速いわ!な含光君は脳筋で好き(笑)
誰が大哥の体と魂を八つ裂きに…って白々しいわー演技うまいわー。
そして随便が……
魏嬰と藍湛が手を繋いで出てくの見送るしかできてない江澄がかえってショックの大きさ現れててしんどい。
魏嬰の問いかけに無言のまま相手をなぎ倒していく含光君!語らず!カッコイイー!

辛いのは金凌ちゃんも。
本当に魏嬰か?なやりとりなしで刺してきたところに余裕のなさが表れててつらい。これからもっと辛くなる。喧嘩のやり方教わってあんなに楽しかったのに。
次回へ。


魔道祖師 3 (ダリアシリーズユニ)

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 6話 感想

Ep6
魔道祖師 完結編 6話(29話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「三尊」
めちゃめちゃ内容濃い……ペーパーマンに藍家の呪も施してるから赤鋒尊の意識に忘羨一緒に入れますはアニメらしい良い改変(実際は部屋ちゃんと見張ってないとだから藍湛まで意識持っていけないだろうなあ)会話でいつ、どの場面を見ているのか説明してもらえるのはさりげなくて良いですね。
ラブラブだし(笑)
ペーパーマンの術のところ、抹額触って唇に触れて…すごいですね……匂わせすごい…。
仙子に吠えられたり、聶懐桑が金光瑤と曦臣に泣きついてるのもちゃんと押さえてて。

忘羨ガチバトル(聶明抉目線)燃えるけど悲しいし……藍湛の憎んだりしたことないよって返しも良かった。原作の昔の中2病なオレ恥ずかし~なセルフツッコミも大好き(笑) 現代の余裕が際立つ

サンショットキャンペーンの裏側、孟瑤の複雑さがよく出てた。泰蘇に優しい顔→怖い顔、下働きの親切な顔→計算してる顔、真面目で有能な副官→残忍な温氏の兵の顔
何度も畳み掛けてどちらが本当なのか?曦臣を助けてたのも果たして?いろいろ考えちゃう。
不夜天のシーンも回想なくていきなり孟瑤責めるところになって視聴者信じられすぎててすごい。

聶明玦も完全に正義ってわけでもなくて。やっぱり「持ってる者」の理論というか。そんな正論ばっかりで強く生きられる人間ばっかりじゃないよって言いたくなるのもわかる…でもそういう風にまっすぐいられたら良かったのにって複雑な気持ちになるよね。
曦臣も優しさ通り越して甘かったのかなあ。
ラジオドラマとタイミング合いまくりでしんどさ倍増です。

完結編は何かが飛んできて手のひらに収まる絵が意図的にたくさん入れられてますね。最後に意味が分かるかな?


魔道祖師 3 (ダリアシリーズユニ)

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 5話 感想

Ep5
魔道祖師 完結編 5話(28話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「故人」
昔からの知り合い。聶明玦と聶懐桑、どちらも指してるのかも?
スピードラーニングアニメらしく、抹額ぐるぐるから兎は好き?まで一気に。
少年組のタイムラインだと含光君が好みから義城の息のあったバトル、リンゴちゃんのやり取りと今回の抹額で「これはいよいよ本気だ」な感じなのかも?(笑)

曦臣兄さんの登場が突然な気もするけど割と近くで夜狩りをしてたのだっけ…原作とはちょっと地図関係が違ってて(もう観音廟にいるし)アニメ設定が読み取れずあやふやなんですが。双璧の息のあったバトルはかっこいい。
そして好兄弟が聶明玦、赤鋒尊だと明言されました。
ここで1、2話の伏線が出てくるのが構成良すぎ〜!左腕に狙われていた莫玄羽も金凌も金氏の血縁。聶明玦が恨みを抱いている金氏の人間とは…。

金鳞台、清談会へ。何かミラクルな乗り物。エレベーター的な。
そしてお兄ちゃんの前で忘羨イチャイチャタイム〜〜抹額、雅正集書き写してたのに覚えてないんですか!(笑)そんなこと言うと好きって言ってたことバラしちゃうぞ〜〜好き……兎が!

金光瑤の後ろに隠れてる金凌ちゃん…おじさん濃い人ばっかりだな…。甘えてお願いできるのは瑤おじさんで、遠慮ないのが江澄ね。
アニメの時間軸だと思追たちと別れてそんなに経ってないのに食欲ないは通じないのでは(笑)
夷陵老祖が蘇ったのではと言う噂、鬼将軍を呼び出したのは…疑いが向けられるけど思追も含光君も庇ってくれる。料理やお酒を取り分けてくれる甲斐甲斐しい藍忘機💕
欧陽子真くんがパパと挨拶しに来てくれててやっぱりこの先、パパに言い返してくれるシーンあるんだろうな〜期待。

金凌ちゃんと従兄弟一同との喧嘩。
そうよね…いくら直系と言っても、父親の金子軒は家督を継いではいないので金光瑤や江澄がバックについてなければ他の男子と扱いは同じレベルなのよね。もしかしたら親がいないからさらに下だったかも。
従兄弟たちにとっては金凌ちゃんの性格も相まってうっとおしい存在なのかもですね。

いつも喧嘩は多勢に無勢。味方は仙子だけ。友達いないのかなってバレてる…そうですいないんです…。
でも金凌ちゃんに体術教えてる魏嬰はすごく楽しそう。甥っ子とこうして遊びたかったんだよね。金凌ちゃんもだいぶ懐いてて、そうです、これからとても辛くなるのです……上げといて思いっきり下げるの知ってる…。

金光瑤は喧嘩しないでみんな仲良く、江澄は修行して力を示せば誰も手を出してこなくなる、ってそれぞれのスタンスで金凌ちゃんに接していたはず。魏嬰は「思う存分殴っとけ!」なのね。
金光瑤も江澄も微妙に本当の自分とは真逆なアドバイスな気がする。でも魏嬰は思ってることそのまま。
「大人になったら嫌な奴とも付き合わないといけないから子供のうちは〜」はところが削られいるのは残念ですが、「お前、魏嬰か?」なやりとりで十分伝わってたと思う。

金光瑤にも息子はいたが殺された〜のところで次回へ。


魔道祖師 2 (ダリアシリーズユニ)

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 4話 感想

Ep4
魔道祖師 完結編 4話(27話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「酔酒」
阿箐と暁星塵の弔いをしている少年組。すっかり仲良くなって微笑ましい。冥銭を燃やしたって死んだ人に届かないよって具体的なアドバイスに、「受け取れないのは燃やしてくれる人がいなかったからだ!」と金凌ちゃんから的確なツッコミが(笑
景儀くんが素直に号泣してくれてるところ好き。こういう素直で心根の優しいところが藍忘機もわかってて思追と組ませてるんだろうな。

「好兄弟」さんが頭を除いて集まりました。右腕兄さん、アニメでどう訳してくるのか楽しみ!魏嬰にとって一度死んでもまた動いてるって意味で「兄弟」って皮肉込めて言ってたら面白いなー。
羨雲編、懐蒼山で死体をバラバラにして実験してたのは薛洋。薛洋が連れ去られたってことは、生きてて陰虎符を持ってることを知ってた人物がいる。誰かな〜??
それとは別に、猫で子供達をおびき寄せてた人も誰だろ〜〜??

いきなり雲夢の雲萍へ。早っ!ここで観音廟出すか!さすがアニメ!
おじさんがくれた霊犬だぞ!に対してこっちも含光君がくれたロバだ、なやりとりめちゃめちゃ可愛い。思追と景儀のツッコミもバッチリ(笑)
忘羨の通じ合いっぷりも見せつけてて、含光君ってこんな人だっけ!?なびっくり感もちびっ子達にあるのだろうね〜楽しい。ロバなでなで。
金凌ちゃんも出番増えてて、これからの展開に伏線バリバリですな…。

子供たちのサンショットキンペーンごっこ。
アニメ改変でまた忘羨一緒で大変エモなシーンになったよね…名場面では…。無表情(に見える)なのに子供に優しい藍湛、キュンとするよね…好きにならないはずはない。藍湛の表情もすごく良かった。

少年たちのお食事シーン、欧陽子真もいて欲しかったな。
藍湛がお酒飲んでしまった!ここ、名前使われての動揺が純真というか一途というか、そんなのが詰まってて最高(笑)
温寧追い払うのも霊力使ってないから、純粋に、単純に魏嬰の前からどけ!(戦って排除するとか、そういう力技ではない)っていうところがもう。服のたもとは四次元ポケットだしw
冥銭も、あれは死者にあげるものだから魏嬰は死んでないのだからあげるわけにはいかないって一生懸命考えてたの…?
藍湛の腕を払うところ、武芸の達人ぽくて細かくて良い。ただ払うのではなく、くるっと。
15歳の時の雲深不知処でのやりとりがここで〜〜!!!あの出会いからここまで。藍湛すごく嬉しそうで、ここの追いかけっこ見てると本当に泣けてくる。良かったね。会えて嬉しいよね。あの時お酒飲んでたら、ってずっと考えてたの。叶って良かったね。

酔っ払ってるのに戦いはきっちりできる二人。観音廟には術がかけられてるし、誰かに見張られてる。囮を使ってはみたけどどうかなー、次回へ。


魔道祖師 2 (ダリアシリーズユニ)

| | | コメント (0)

魔道祖師 完結編 3話 感想

Ep3
魔道祖師 完結編 3話(26話)感想です。魔翻訳なのでご了承下さい。

「大夢」
義城編!27分あるよ〜日本でのTV放映でどこ削るんですか???!無理でしょ。

共情も忘羨二人で!アニメすごい…サービスがよすぎる……絶対離れない…つよい安心感……。
11年前、薛洋が暁星塵に拾われてから。1話で金光善の前に引っ張り出されててそのしばらく後。暁星塵が知らずに村人を殺して、薛洋の話を聞いて飴をあげている。
この飴が…そんな些細なことでって、本人にはものすごく大きなことで。飴がもらえなかったこと、飴をくれること。本当にどうしてこうなってしまうのか…義城編の闇よ……。

2年間なんとか過ごしたところに宋嵐が!これで全てが崩れていく…ずっとこのままはありえなかったけど…宋嵐も2年探してたんだもんね…。
全て飛ばしてその場で薛洋だとバレて暁星塵が自害してしまうのだけど、ここの畳み掛けがまたしんどくてすごい。日本版は薛洋の声優さん誰になるんだろ、吹き替え演技が今から楽しみだよー。
しかも魏嬰と思いっきり重ねてきてて、世界を救う?自分のことも救えないくせに。正義だって語ったところで周りの人が苦しんだだけ。

つらさ倍増ですわ。

でも今は隣に藍忘機がいてくれるもんね…。雨が降ったら傘を差してくれる人がいる。
魔道祖師での傘は必ず二人で半分こなんだよね、天官は差してあげる。傘の演出もそれぞれカップルの色がでますな。

密かに魏嬰の心配してた金凌ちゃんかわ。懐いてきてる描写が後々効いてくるのでね。
思追も信頼関係できてて。
薛洋、藍湛の敵ではないところ好き。含光君つよい。含光君と同じレベルに安心できるってすごい。

ほんとに薛洋は残忍で「死ななければならなかった」けど、ずっと飴を大事に持っているのを見ちゃうとどうにか良い出会いがなかったものかと思ってしまうね…
宋嵐も一時の感情で暁星塵と仲違いしなければ…この辺も忘羨とダブるのだけど…ちゃんと再会して和解できてれば…。

最後の「君のせいではない」(錯不在你)は羨雲編ラストで藍湛が魏嬰にひざまづいてるシーンにも重なるね…一生懸命やったんだよ、みんな…うまくいかなかっただけ。
次回へ。


魔道祖師 1 (ダリアシリーズユニ)

| | | コメント (0)

«魔道祖師 完結編 2話 感想